白髪染め 無添加 おすすめ

白髪染めおすすめ品!無添加白髪染めで美しく

白髪染めが付いた時の対処方

白髪染めを自宅で行うと、汚さないように気を付けていても、白髪染めの染料でいろいろな場所を汚します。お肌はもちろん、床や洗面台などいろいろな場所を汚します。つい汚してしまった時の汚れの落とし方などをご紹介します。


▼染料がお肌に付いた時
いくら気を付けていても髪の毛の生え際の所は、染料が少し付いてしまいます。肌に付いた染料は、毎日お風呂に入っていれば3日程度で落ちますが、直ぐに落としたい時はコールドクリームやクレンジングを用いて汚れを落とします。

コールドクリームやクレンジングを汚れの付いたところに塗りマッサージを行い、蒸しタオルで6分ほど蒸らし、後は石けんで洗い落とします。

▼染料が爪に付いた時
染料が爪に付いた時は、歯磨き粉を爪に付けて乾いた布で良く磨きます。すると汚れが落ちます。

▼染料が床に付いた時
床がじゅうたんや畳や木の床ですと、残念ながら落とすことはできません。また、壁紙や革製品も同じく落とすことはできません。床がフローリングであれば中性洗剤を布に含ませて、良く拭き取ります。

付いてからなるべく速くに取ります。時間が経ち色が染まってしまった場合は、塩素系漂白剤を水で薄め、キッチンタオルなどの厚めの紙で拭き取ります。塩素系漂白剤は床材の色を変色させますので、十分に気を付けましょう。

▼染料が洗面台に付いた時
洗面台の陶器の部分は問題なく落とすことができますが、ホーローやプラスティックについた時は、メラミンフォースのスポンジで磨きましょう。鏡に付いた時もメラミンフォースのスポンジで問題なく落とせますが、表面に曇り止めや防湿加工がされている鏡は、この加工も落としてしまいます。

水をはじく加工の施された洗面台は、塩素系漂白剤を水で薄めて、これをキッチンタオルに含ませ汚れたところにしばらく貼り付けます、1時間ほど経ってから水洗いを行います。

白髪染めが付いた時の対処方 関連記事